JSAMマレーシア日本人学生会

JSAMマレーシア日本人学生会のblogです。マレーシア留学生活をより楽しく有意義にする情報を更新していきます。http://www.jsamalaysia.com

これって本当に日本の企業?ちょっと変わったマレーシアのお店

初めまして!JSAMに新しく参加したモナシュ大学のこうへいです。

今回はマレーシアにある少し変わったお店についてシェアしたいと思います!

他民族からなるマレーシア。当然生活習慣も違なり、街中では色々な種類のお店が散見できます。マレー系、中華系、インド系、アラブ系...これらの民族は互いを尊重しあい、共存しています。

そんな中でもひときわ目を引くお店があります。それが我らが日本のお店!マレーシアは東南アジア随一の親日国。穏やかな国民性からくるビジネスのやりやすさもあってか、多数の日系企業がマレーシアに進出しています。

TOYOTAやユニクロなどのグローバルブランドはもちろん、吉野家やはなまるうどんなどの外食チェーンも多数進出しているのです!

大阪出身の筆者としては、PABLO(チーズタルト専門店)がマレーシアにもあったことを知った時は思わず雄叫びをあげました笑

そんな中、何やら見慣れない日本語のお店を発見いたしました。。。それがこちら 

f:id:jsamalaysia:20170710011856j:plain

ユビソオ?なんのお店?と疑問符が浮かんだあなた!間違っていませんよ!

私も最初に見たときはユニクロのクオリティの服をダイソー価格で売っているお店かと思いました笑

実はこのお店は雑貨屋で、日本で言うところのLOFTやヴィレッジヴァンガードのようなお店です。店内では小洒落た小物や化粧品、中には何に使うのか分からない怪しいものまで売っています。

商品のクオリティは中々のもので、筆者も眉毛カッターやマグカップなどをこのお店で購入し、今でも愛用しています。

ただし注意点がひとつあります。それはトリセツに書かれている文字が英語なのですが、その横には必ず日本語が併記されています。その日本語というのがあたかも英語をそのままGoogle翻訳にぶち込んだだけのようなお粗末な日本語なのです笑

そこまで神経質ではない筆者でも思わず突っ込みたくなるような日本語ですが、現地の人々はそんなことはお構いなし。写真から見ても分かる通り、なかなか繁盛しているのです笑

日本でお店を出したら間違いなくクレームの嵐の予感がするこのお店ですが、マレーシア人の良い意味でのテキトーさがこのお店を支えているのでしょう!

筆者も今後も機会があればお世話になろうと思っております!

以上、マレーシアから少し変わったお店の紹介でした!

次回はモナシュ大学について、あまりネットで出回ってないような突っ込んだ情報をシェアしようかなと思います。