JSAMマレーシア日本人学生会

JSAMマレーシア日本人学生会のblogです。マレーシア留学生活をより楽しく有意義にする情報を更新していきます。http://www.jsamalaysia.com

マレーシア人と日本人の違い

こんにちは。

マレーシアでは、昨日の日曜日から、Hari Raya Puasaといってラマダン(断食月)明けに祝われるイスラム教徒最大のお祭りがあり、マレーシア国内で祝日となっております。

Hari Rayaは25日、26日の二日間の州もあれば、27日を含めた三日間の州もあります。

 

マレーシアには新年を祝う祭典が各民族にあるため、祝日が多いです。

そしてその祝日中には営業していないお店などもたくさんあるため、時折不便にも思います。

 

そんな中今回は、マレーシア人と日本人の違いについて書いていきたいと思います。

 

 

日本の常識はマレーシアをはじめとする多くの国で通用しないことがとても多いです。

 

まず、マレーシア人は基本的にきっちりしておらず、時間もルーズです。

マレーシアタイムと個人で勝手にネーミングしているのですが、集合時間に全員が集まっているなんてことはほぼないです。

私自身日本にいるときは、待ち合わせ時間より五分くらい前には待ち合わせ場所についていないとそわそわしてしまうタイプだったため、待ち合わせ時間を何分たっても誰も来ない時は自分が間違っているのではないかと不安に思ってしまう時もありました。

 

周りの海外留学生もマレーシア人の時間のルーズさに文句を言う人もいました。

しかし、そんなマレーシアで生活するにつれ、みんなマレーシアタイムに慣れ、最初は文句を言っていた人もルーズになってしまうというのが面白いなとおもいます。

 

 

また、お店の店員さんも日本の店員さんとはだいぶ違います。

 

マレーシアのローカルのレストランなどでは、ウェイターさんが暇なときに、お店の端に座ってスマートフォンで遊んでいるという光景をよく見ます。

もちろん全てのお店がそうだというわけではないですが、その状況を見たときは驚いたのを覚えています。

日本ではアルバイトにしてもこういう人はいないのではないかなと思います。

マレーシアではそういった職種の賃金が低いという理由から、仕事に身が入らないのかなとも思います。

 

そういった面でいうと日本のお客様に対するホスピタリティー精神はどの場面でも感じることができ、普通だと思っていた“おもてなし”の文化は素敵だなと再確認できました。

 

すべてのマレーシア人の性格が同じで、すべての日本人の性格が同じというわけではありませんが、私個人としてすごく感じた日本人との違いについて書いてみました。