読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JSAMマレーシア日本人学生会

JSAMマレーシア日本人学生会のblogです。マレーシア留学生活をより楽しく有意義にする情報を更新していきます。http://www.jsamalaysia.com

マレーシアでよく使うアプリはこれだ!

 

こんにちは!相変わらず今日もマレーシアはぽかぽかです!

さてさて、いきなりですが今回はマレーシアで使えるアプリについて2つ紹介していきたいと思います!

 

 

皆さんは普段友達と連絡を取るとき、何を使いますか???

今はメールで連絡をとるというよりは、ほとんどの人がLINE使っているのではないでしょうか?もちろんすごく手軽に連絡をとれるし、何かとLINEのほうが楽ですよね!

そういう主流なアプリって、国が違えばものも違うんです!

 

続きを読む

意外と知られてない!?!? 〜ボルネオ島マレーシア領の魅力〜

近年、クアラルンプールは東南アジアを代表する世界都市に数えられ、マレーシアという国がますます注目を浴びています。街中には鉄道及びバスが休む暇もなく走り、近代都市の象徴ともいえる高層ビルが立ち並ぶクアラルンプール…

 

しかしなぜかボルネオ島がスポットライトを浴びることは少ない!確かに首都と比べたら情報網が桁違いですが…

 

「ボルネオ島?自然がすごそう!」

 

この島について質問すると必ずと言っていいほど返ってくるこの答え。読者の皆さんの中にも、名前は知ってるけど、どういうところかは知らない、そんな方が多いかと思います。

 

西マレーシアにはないB級グルメ、他では見れない生物の多様性。

今回は知られざるボルネオ、他では味わえないこの島ならではの簡単にお伝えしたいと思います!

 

〜KLでは味わえないボルネオローカルフード!〜

ナシゴレン、ロティチャナイ、有名なマレーシア料理は幾つかありますが、ボルネオには西マレーシアには絶品グルメがたくさん!

数あるボルネオフードではありますが、まずはこれ、サラワク・ラクサ!ラクサは東南アジアで広く愛される郷土料理ですが、ここボルネオ発祥のサラワク・ラクサは一味違う!麺は主に細いビーフンを使い、現地産の黒胡椒、チリペースト、ライムをトッピング!サラワク・ラクサの一番の特徴は何と言ってもスープ!鶏肉、エビ、スパイス、ハーブをベースに煮込んで作ったこのスープ、一つ一つの具材が絶妙に絡み合い、とても奥深い味わいとなっております!スパイシーな料理が多いマレーシアですが、このラクサは 辛すぎず、酸っぱすぎず、「辛いものはちょっと...」という方にもオススメ!

 

〜動植物の楽園!生物の宝庫ボルネオ島!〜

赤道直下に位置するボルネオ島は一年を通して高温多湿で、年間降水量も西マレーシアと比べると2倍というから驚きです。この雨は世界でも稀に見る広大な熱帯雨林を発達させ、周りから隔離されたということも相まって、ここで見られる生物には特産種が多く、様々な珍しい動植物たちとの出会いの場となっています。200種類の哺乳類、400種以上の鳥類、3000種の虫、そして15000種を超える植物がボルネオに生息しています。一生のほとんどを樹の上で暮らす、世界最大の樹上動物オランウータン。ボルネオにしか生息しない、オスの鼻が特徴的なテングザル。色とりどりの羽をもち、種によってクチバシが大きく異なるサイチョウ。世界最大の花ラフレシアもここで見ることができます。

 

こういった生き物はさすがに森の方に行かないと見ることはできないですが、毎日の暮らしでも日本では棲息していない生物を見ることはできます(笑)手のひらほどの蛾や、カブトムシ。街で見かける鳥は鳴き声も外観も日本のスズメや鳩などとは違いますし、珍しい植物が学校に生えているということも少なくありません。僕も、何気なくふと木に「ヨナグニサン」という、とても大きな蛾を見つけたり、道端で「ヒメカブト」というカブトムシを拾ったり、、、ボルネオの自然の凄さを感じます、、、

 

マレーシアといえばクアラルンプールのことばかり目が行きがちですが、ここには筆者もトライしたことのない、ディープなローカルフードがまだまだありますし、森の奥に行けば、まだ発見されたいない新たな種が見つかるかも、、、この島には本土にはない魅力がたくさん!!!読者の皆さん是非ボルネオに来てみてはいかがですか?

学校行くなら、車?それとも歩き?

おはようございます!
まだ眠気の残る中、急いで支度を済ませ、いざ通学or通勤!
徒歩、自転車、車、バス、電車など、様々な交通手段が当たり前のように日本にはあります、が!

多民族国家、多言語国家、多くの物事に多様性を追求してきたはずのマレーシアには、交通手段に選択の余地がまるでないのです、、、

日本では珍しくない通勤ラッシュと帰宅ラッシュ、この記事を読んでくださっている読者さんの中にも毎日身を削る思いで通学通勤されてる方はいるのではないでしょうか?
車文化のマレーシアでは渋滞という形でドライバーに悩みをもたらします。道路が満足に整備されていないこの国では長距離、いや中距離の移動でさえも高速道路の利用は必然であるため、午前7時半ごろから9時ごろ、午後5時半ごろから8時ごろにかけての時間帯に交通量が集中します。

※参考までに。

f:id:jsamalaysia:20170419025835j:plain

続きを読む

親日国 and フレンドリー マレーシア留学の魅力 Part 1

 
“Where are you from?”
“I’m from Japan.”
 
初対面の人と必ずと言っていいほどこのような会話をしますよね。
 
そんな時、日本から来ました。と伝えると、マレーシアでは

日本行ったことあるよ! 日本行ってみたいんだよね! 日本食大好き!
などと日本に興味を示してくれて会話が広がり、とても親日な国であると感じることができます。

続きを読む

【イベント終了】4/8マレーシアdeインターン JSAMインターンシップ情報交換会

4月8日、TUJS(Taylor’s University Japanese Society)ご協力の下、Taylor’s Universityにて場所をお借りし、マレーシア留学生のインターンシップ情報交換会を行いました。

 

f:id:jsamalaysia:20170412172901j:plain

続きを読む

【第三弾】アウトバウンドによるハラルビジネスの未来

第三弾になりました短期連載「マレーシアで学べる観光・おもてなしスキルとは?」。
前回のインバウンド観光におけるムスリムの可能性に続き、今回はアウトバウンド産業におけるムスリムの可能性についてお伝えします。

https://note.mu/jsamintern/n/nb84b4723b45b

続きを読む

【短期連載スタート】マレーシアでTourism学部とHospitality学部が人気の理由は?

【短期連載】マレーシアで学べる観光・おもてなしスキルとは?

https://note.mu/jsamintern/m/mfd77bc5b7b80

続きを読む